偏頭痛

偏頭痛は、激しい頭痛、吐き気、嘔吐、光や音に対する過敏性などを特徴とする一般的な神経学的な症候群です。 また、悪寒、発汗、疲労、脱力感、食欲不振、しびれ、会話や集中力の低下などの症状もよくみられます。 一部の患者は、発作の数分前から丸一日前に、視覚障害や前兆などの警告サインを経験し、その症状は4~72時間続くこともあります。 男性よりも女性の方が多く、あらゆる年齢の人が慢性的な頭痛の犠牲者になる可能性があります。 多くの人は、思春期や青年期に初めて片頭痛を経験します。

片頭痛の正確な原因およびメカニズムは不明です。 発作は脳や神経系における化学変化から始まり、痛みを伴う血流の制限へと進行します。 高気圧酸素療法(HBOT)が有効なのは、片頭痛が血管性(化学物質の不均衡または特定の脳領域への異常な血流によって引き起こされる)である人、または標準薬物療法に副作用や禁忌がある人です。 さらに、HBOTは片頭痛を誘発する化学物質レベル(セロトニンとサブスタンスP)のいくつかを良好に変化させることができます。 公表されている研究および未公表の研究によると、HBOTは、治療後40分以内に80%の患者の片頭痛を中止させる効果がある。 Effedal et al 2004は、頭痛を予防するためにHBOTを予防的に使用することで、頭痛の回数を減らすことができることを発見しました。

研究・レビュー:

  • Revisiting the expanded use of hyperbaric oxygen therapy for treatment of resistant migraines
  • Normobaric and hyperbaric oxygen therapy for migraine and cluster headache
  • Hyperbaric oxygen in the treatment of migraine with aura
  • Practice parameter: 片頭痛のガイドライン(エビデンスに基づくレビュー)
  • 片頭痛の緩和における高気圧酸素の予備的報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。